書籍詳細

新国際政治学講義

お蔭様イズムの世界

新国際政治学講義

ペマ・ギャルポ (共著) 内田圭二 (共著) 

ポスト冷戦期における文明の衝突や民族紛争などに焦点を当てた国際政治学入門書。世界史や地政学などの現代政治学説を整理し、国際政治をふりかえる。そして、理論的な枠組を提示しながら、西田幾多郎の哲学に学ぶ「お陰様イズム」をもとに、日本が国際社会で果たすべき役割を見つめ直す画期的な内容。

発行形態 書籍(単行本)
判型 単行本
ページ数 240ページ
ISBN 978-4-86050-020-7
C-code 3031
ジャンル 論文  国際関係  政治  
発行日 2004年07月28日
2,571 円(税込価格) カゴに入れる
  • プロフィール
  • 目次
  • レビュー
著者写真

ペマ・ギャルポ (共著)

Pema・Gyalpo

1953年、チベットのカム地方ニャロン生まれ。65年来日。76年、亜細亜大学法学部卒。80年、ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表(90年まで)。91年、岐阜女子大学客員助教授、96年、同大学教授。97年、拓殖大学海外事情研究所客員教授。98年、慶應義塾大学訪問教授。現在、チベット文化研究所名誉所長、岐阜女子大学名誉教授、岐阜女子大学南アジアセンター センター長、拓殖大学客員教授、桐蔭横浜大学法学部教授。


著者写真

内田圭二 (共著)

ウチダ・ケイジ

1956年、熊本県生まれ。1979年、早稲田大学社会科学部卒業。1983年、早稲田大学政治学修士。専攻は国際政治理論。アジア・アフリカ諸国でのべ 10年近くにわたって、各種コーディネーション業務に従事。雑誌編集長を経て、現在、国際アナリストとして活動中。日本国際政治学会会員他。


序 章
日本人の国際意識

第一章
国際政治の歴史
1
国際政治体系の成立と展開
2
第2次世界大戦後の世界と冷戦構造
3
世界秩序の再構築
4
歴史の終わりと文明の衝突
第二章
国際政治学
1
国際政治学と論争の歴史
2
国際政治理論
補論
西田哲学の可能性-欧米的国際政治理論を越えて
第三章
地政学
1
現代地政学の基礎
2
地政学の形態
3
超大国の世界戦略の転換
4
現代の地政学
第四章
国際政治における地域
1
南アジアの地域主義
2
地域の難問
第五章
国際連合と世界機構の理想
1
国際連合の評価
2
世界機構の理想
第六章
「お蔭様」イズムの世界
1
世界に誇れる「お陰様」の哲学
2
「お陰様」イズムへの志向

この本へのご意見・ご感想をお寄せ下さい。

新規コメントを書き込む
カテゴリから探す
ショッピングガイド
  • 合計:0円(0冊)
  • カートの中身をみる
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 個人情報保護方針
ログイン
  • 初めてご利用になる方はこちら
  • 新規会員登録
  • すでに会員の方はこちら
  • ご登録内容の確認・変更
  • マイページ
おすすめの一冊
人間力大賞大年鑑2011(改訂版) 人間力大賞大年鑑2011(改訂版)
公益社団法人日本青年会議所 監修 /人間力大賞大年鑑編集委員会 編
メディアの日本語 メディアの日本語
長谷川勝彦 著  
国想い夢紡ぎ 国想い夢紡ぎ
中山恭子 著  
ウェイヴァリー(上) ウェイヴァリー(上)
ウォルター・スコット 著 /佐藤猛郎 訳
スペーサー
シリーズ紹介
  • 人間力大賞大年鑑
  • ウォルター・スコット著作集
  • トルストイと増太郎の交友記
  • ちぎり絵歴史紀行
  • ボランティア学習学会年報
  • 日本地域福祉研究所の書籍